校章

飯田市立千栄小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2223 飯田市千栄1530-1 TEL 0265-59-2020 FAX 0265-59-2179

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2014 年 12 月 のアーカイブ

二学期が無事終わりました。

85日間の二学期が、今日無事に終わりました。欠席0の日数は57日で、登校日数と比較した割合でも、一学期よりもさらに多くなりました。子どもたちの努力とご家庭の支援に心から感謝したいと思います。学校内外の行事が目白押しだった二学期を無事乗り越えられてほっとしているのは、学校もご家庭も同じかもしれません。本校は、行事ひとつひとつが本校独自のものが多く、保護者や地域の方のご協力なくしては成り立たないものばかりです。全力で支えていただきました。その中で、子どもたちも機会ごとに成長してくれています。成長の瞬間に立ち会えるのは、教師冥利につきます。新しい年(三学期)のエネルギーの源になります。このホームページをふるさとをはなれてご覧になっている皆様も、遠くからの応援ありがとうございました。皆様、よい年をお迎えください。三学期もご支援をよろしくお願いします。

無題1終業式でお互いに頑張ったことの発表     22日、1年生の初スケート(校庭)

ページの先頭にもどる

寒くても、元気に校庭で遊ぶ子どもたち

本校の校庭には、保護者の皆さんがPTA作業でつくってくださったスケート場があります。今年は、水が抜けることもなく、順調に結氷しています。もう、子どもたちが上に乗られるほどの厚さになってきたそうです。休み時間に校庭に行ってみると、スケート場にはまだ入れないようですが、寒さを吹き飛ばすように校庭でサッカーをしていました。今日は、卒業記念写真撮影があり、明日は、飯田下伊那地区の他校よりひと足先に二学期終業式です。3シーズンに渡った二学期が無事終わりそうです。

無題1

ページの先頭にもどる

星見の会大成功!!

19日(金)、毛呂窪の天文台で「星見の会」(4学年主催、3年生以上希望者参加)が行われました。24年前に、名古屋市出身の尾崎さんをはじめとする有志の皆さんがお金を出し合い、毛呂窪地籍にドームを建てました。隣には古民家を買い取って改増築した宿泊施設もあります。千栄に、よくこんな空の広いところがあったものだなあと思うほど、360度見渡せるすばらしい場所です。下久堅ご出身の平澤先生をご講師にお招きして、地球をとらえた「ひまわり8号初画像」から始まり、冬を代表する牡牛座やオリオン座のお話、星の明るさや色の違いなどについて説明をお聞きしました。実際に外へ出て、話に出た星座を探したり、尾崎さんに天体望遠鏡でプレアデス星団やオリオン座の大星雲を見せていただいたりしました。前日までのお天気が嘘のように好天に恵まれて、「ふたご座流星群」のなごりとも思える流星も見ることができ、銀河もうっすらと見えて、最高の「星見の会」になりました。お世話になった平澤先生・尾崎さん・山口さん(宿泊施設管理者)に心から感謝します。

無題2

 

ページの先頭にもどる

高齢者疑似体験

「なかよし旬間」の一環として、高齢者の疑似体験をしました。低学年と高学年とに分かれての実施。高齢者の想定は次の通り。75歳以上、耳が聞こえにくい、目がよく見えない、手の感覚が鈍い、肘や膝の関節が動きづらい、腰が曲がっている、足の運びが思うようにいかない(重い感じ)。ふたりひと組になって、高齢者の疑似体験と、高齢者を介添えする人とを交代で体験しました。4年生Aさんの学習カードから。①お年寄りの体験をしてみてどうでしたか。「アイマスク・腰曲げバンドがとても苦しくて、あれが毎日だと思うと、とても大変だと思う。足とかひざもそんなに曲がらないので、とてもこけてしまった。これで、おじいさんたちは畑とかをやっていると大変だなあと思う。おじいちゃんたちを大切にしたい。」②手助けをする人の体験をやつてみてどうでしたか。「手助けをする時、少し手をはなすだけでちょっとよろよろしてしまうので、大変だった。かんたんだと思ったけど、全然ちがった。」

無題1装着中。どうなっちゃうの。           装着完了、立っているだけでも不安。

無題2何色が見える?                    おりる段があるよ!

無題3階段、ゆっくりだよ。                  教科書読みにくい!

 

ページの先頭にもどる

学校ピカピカ週間で、校舎も心も磨きました。

8日(月)から行われていた「学校ピカピカ週間」。今日が最終日です。縦割りで場所ごとに役割分担がされて始まりました。人数が少ないので、ひとり分のスペースが広くなりますが、毎日静かに取り組まれ、黙々と掃除をする姿が見られました。「めんどくさい」と思ってやらないか、「きれいにしたい」と思ってやるかでは、心の成長にも一段と差が見られることでしょう。ちょうどこの週間中に、6年生が「6年間お世話になった畑に感謝して片付けよう」と、片付け作業をしていました。ひとりひとりが自分磨きをしているように見えました。

無題1

ページの先頭にもどる

ひとりひとりの新たな持ち味を知る

以前にもお伝えしましたが、10月末頃から、児童会の企画で「とくいなことの発表」をしています。ふだんはわからない友だちや先生の「とくいなこと」を知るのはとても魅力的なことです。いつもなら遊びに行きたくてうずうずしている子どもたちが、休み時間に発表を楽しみに体育館に集まってきます。今日は、1年生Aさんの「竹馬」、5年生Bさんの「鉄棒・足かけ後ろ回り」、C先生の「百人一首の暗唱」でした。どの発表にも自然に拍手と歓声がわきました。これからも、32人の全校児童と職員全員が終わるまで続きます。「なかよし旬間」に限らず、今まで知らなかったお互いの持ち味を知って、認め合える場づくりや雰囲気づくりをしてくれている6年生に感謝です。

無題1

ページの先頭にもどる

互いのよさを認め合う

なかよし旬間の取り組みの一つとして、「なかよしレターでよつばのクローバーをつくろう」があります。一枚一枚のクローバーを読むと、学級の友だちやほかの学年の人に助けてもらったこと、頑張っているなあ(いいことだなあ)と思ったことが書かれています。また、廊下の掲示を見ていると、11月に行われたマラソン大会のことを個々にまとめた新聞が目にとまりました。家族に伝えるために書かれたものです。読んだ友だちや保護者の感想が添えられています。どちらも、ひとりひとりのよさが認められ、書いてもらった人にとってとても嬉しいことです。

無題1

ページの先頭にもどる

学習も心も二学期のまとめ

昨日は、4年生が職員室前のヘチマ畑の片付けをしました。観察・絵・緑のカーテン・化粧水・たわし・種取りと、ヘチマの生長とともに、その時期ごとに様々な学習材としての価値がありました。ヘチマさんに感謝です。先に片付いた花壇には、もうすぐ来春に備えてチューリップの球根とパンジーが定植されます。右の写真は、体育館器具室です。前に体育係の先生から、遊んだ後の片付けが悪いことを指摘されましたが、今日はきちんと片付けられていました。心も落ち着いて、楽しい冬休みを迎えられそうです。二学期も、今日を含めてあと10日です。

無題1

ページの先頭にもどる

なかよし旬間(人権旬間)の話題から

昨日の朝の全校体育では、簡単なじゃんけん遊びをしました。縦割りのグループで相談して体を使ってグー・チョキ・パーを表現します。じゃんけんの前にカードを出し、勝つと相手のカードをもらえますが、負けるとカードを取られてしまいます。カードをたくさん集めたグループが勝ちです。みんな歓声をあげて楽しんでいました。「なかよし旬間」にあわせた特別企画でした。

無題1

本校には、司書の先生が千代小学校との兼務で来てくださっています。千栄小学校には、水曜日と木曜日に来られます。学校行事などにかかわる内容の本を、いつも玄関に置いて紹介してくださいます。今朝は、「なかよし旬間」にあわせて(上右)写真のような言葉(本)の紹介です。

ページの先頭にもどる

人権旬間(19日まで)始まる、人にも物にも優しく

今朝は全校集会があり、今日から始まる人権旬間にかかわって、「なかよしアンケート」の結果をもとに、全校が仲良く気持ちよく生活していくために、お互いにどうしていけばいいのか考え合いました。「言われて悲しいことは言わない。」「友だちがいやだと思うことをしない。」「ありがとうや友だちをはげます言葉を言いたい。」「言われてうれしい言葉で話したい。」「友だちが困っているときに助けてあげたい。」旬間中、なかよし標語づくり・姉妹学級でのなかよし郵便・人権教育授業の実施・出前福祉講座(高齢者疑似体験)などが予定されています。毎日の学校生活の中で、もし悲しい思いをした時は、ひとりで抱え込まないように先生(おうちの方・友だち)に話してほしいと思います。

無題1

集会の後、体育係の先生から、「最近、体育館で遊んだ後の片付けがよくないです。」と話がありました。気づいていた人たちもいたようです。人任せにしないで、お互いに声をかけ合って使った人たちの責任できちんと片付けたいものです。片付ける場所は、写真でわかるようになっています。あとは、やる気です。

無題2

棚上の写真のように、きちんと片付いています。 ボールが片付けられず、散乱しています。

 

 

 

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->