校章

飯田市立千栄小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2223 飯田市千栄1530-1 TEL 0265-59-2020 FAX 0265-59-2179

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2016 年 1 月 のアーカイブ

フットサル大会に先生チームも参戦

児童会主催のフットサル大会が続いていますが、今日は、先生チームと高学年チームとの対戦がありました。子どもたちから、「先生達がサッカーをやるところを見てみたいから。」と参加要請があり、けがをしない程度にということで試合が実現しました。たまたま学校に来られていたPTA会長さんも参加してくださり、盛り上げていただきました。いざ試合が始まると、先生たちもそこそこ本気モードでした。子どもチームと先生チームとがお互いに2チームずつ出し合って対戦しました。どちらも、先生チームが勝ちましたが、1点差のいい勝負でした。体を動かすのは、楽しく気持ちの良いものです。誘ってくれた子ども達に感謝です。

無題2

 

ページの先頭にもどる

かるた大会

三校時のかるた大会。これも本校の冬の風物詩です。3学期に入って百人一首の練習をしてきた子どもたち。縦割り班でかるたを楽しんだ後、百人一首の個人戦トーナメント開始。学年に関係なく組み合わせが決まっています。自信のない人は、先生に挑戦します。練習をしていない先生には勝てると思うようです。先生もプライドをかけて挑戦を受けます。1回負けても敗者復活戦があります。結果、決勝に残ったのは5年生と4年生。そして、優勝は4年生でした。まさに、下剋上の百人一首でした。

無題1      白熱、先輩後輩対決!           先生たちも真剣そのもの!

ページの先頭にもどる

校庭もスケートリンクに

用務員さんや係の先生のおかげで、校庭脇にあるスケート場が雪の後の子どもの足跡も修復されて、とてもよいリンクに戻りました。それとともに、昨日3年生がつくった「かまくら」の周りに新しいリンクが出現しました。子ども達の冬の遊び場スペースがどんどん広がっていきます。今日は、保育園からもリンクで遊びに来てくれました。寒さに負けず外で遊ぶ姿は、園児も小学生もどの子もとても生き生きしています。

無題1     積雪後、足跡だらけのリンク           見事、修復成功!

無題2     厚さ5センチほどになりました。      かまくらと小さなリンク出現!

ページの先頭にもどる

児童会主催、フットサル大会  校庭でかまくらづくり

今週から来週にかけて、児童会主催のフットサル大会が行われています。低学年と高学年に分かれて、縦割りでそれぞれ2チームをつくり試合をします。今日は高学年(4年生以上)の試合が休み時間に行われました。学年はもちろん、男子も女子も関係なくボールに向かっていきます。計画によると、先生たちも3つのチームに分かれて参加してほしいとの依頼がありました。普段から子どもたちと一緒に遊ぶ先生方なので、子どもから見ればこういう話になるのは当然なのかもしれません。けがのないようにやってほしいと思います。                                          一方、校庭では、今朝降った雪で3年生が早速かまくらを作って遊びました。「子どもは風の子」の通り、寒さに負けず外で元気に遊びます。寒さよりも楽しさが上回っているんですね。それにかまくらの中は、案外温かいようです。

無題1

ページの先頭にもどる

ドリル週間に初めての試み

今日から一週間、清掃後の「読書・ドリル」の時間を使って、縦割り班で俳句づくりを行います。これまでのドリル週間では、自分の苦手な計算問題を自分で選択して行っていましたが、今回のねらいは、「みんなで楽しく話し合う」ことです。協働的な学びをドリル学習に取り入れられないかという思いがもとになって、国語係の先生が提案してくれました。話し合いながら俳句をつくっていく中で、6年生を中心にしながら、低学年の人も高学年の人もお互いに考えを聞き合うことが大切です。

無題1

        係の先生と6つの約束                班の中で「五・七・五」の分担

ページの先頭にもどる

本校冬の風物詩、縄跳び始まる

スケートと並んで本校の冬らしさを感じるものに縄跳びがあります。今朝の全校集会からいよいよ縄跳びが始まりました。今日は、低・中・高学年に分かれての大縄。1年生は、縄に入るときも抜け出すときもタイミングが難しいようです。先生方が縄を回したり、一緒に入ったりしながら、連続して何回跳べるか挑戦していました。縄にひっかかった先生を責める子ども達に、先生が照れくさそうに言い訳をする場面もあり、和気藹々とみんなで楽しむことができました。

無題1

ページの先頭にもどる

暖冬でも、フル活用するスケート場

昨年末12月1日に全面結氷し、1月4日から開放している校庭スケート場。年末年始休み中の開放日には、全校31人中毎回10人前後の子どもたちが来ていました。用務員さんと体育係の先生の熱心な管理もあり、水漏れも少なく、この暖冬にもかかわらず、一日中ほとんど日のあたらない場所を生かしてなんとかスケート場として維持され、毎日体育授業で活用されています(写真は12日のスケート風景)。今日は、昨日入れた水が、下にある氷の上で薄氷にしかならず、滑走は中止でした。

無題1     みんなで歩くよひと足ずつ          スピードも出せるよ。

 

ページの先頭にもどる

できてよかった、スキー教室  今年も元気をもらったどんど焼き

8日(金)、駒ヶ根高原スキー場でスキー教室をしました。年末からほとんど雪が降らなかったのでスキー場のオープンが遅れ、実施を心配しましたが、スノーマシーンの人工雪でなんとか実施することができました。使えるコースは例年の半分。それでも、スキーの子ども達もスノーボードの子ども達も一日楽しく滑ることができました。

10日(日)・11日(月)には、地区ごとにどんど焼きが行われました。2日間ともあまり風のない穏やかな天気で、上昇気流にのって火のついた「書き初め」が高く舞い上がる光景も見られました。楽しみはお餅。焼くための道具に地区ごとの工夫があり感心させられました。砂糖醤油をつけて海苔を巻いて食べるなど、子どもも大人もそれぞれの家庭の味を満喫していました。

無題4

        初めてのスキー教室          スノーボードもかっこよく

無題2     おいしかったカレーライス          この一年の健康を祈って

無題3  この竹を屋根に上げると魔除けになります!      遠くに恵那山を望みながら

ページの先頭にもどる

全員そろって3学期のスタート

あけまして おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。今日は、全員そろって3学期の始業式を迎えることができました。子どもたちから、冬休みの楽しかったことやがんばったこと、そして、今年の(3学期の)目標が発表されました。自分のことをよくわかっていて、さらにこうなりたいという気持ちが伝わってきました。49日間はあっという間です。インフルエンザの流行も予想されます。計画的に早め早めに学習やものごとを進めたいと思います。そして、自分の目標の達成に向けて粘り強くこつこつと努力する子どもたちであってほしいと思います。「継続は力なり」。

無題1  ランチルームで3学期始業式      お正月明けに初滑り(校庭スケート場)

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->