校章

飯田市立千栄小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2223 飯田市千栄1530-1 TEL 0265-59-2020 FAX 0265-59-2179

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2016 年 2 月 のアーカイブ

よりよくなるために、みんなで話し合う児童総会

昨日の3時間目、児童総会がありました。1年生から6年生まで全校が体育館に集まりました。6年生のリードで進められてきた児童会活動の反省と来年度への見通しをもつための総会です。各委員会の発表後、意見や要望を出す時間が設けられました。はじめはなかなか手が挙がりませんでしたが、5年生の方からひとりふたりと手が挙がってきました。低学年の人が発言しようとしますが、全校の前で緊張のために、小さな声になってしまいました。すると、議長をしていた6年生が近くに来てくれて、姿勢を低くして一生懸命聞いてくれました。そして、内容を該当の委員長に伝えてくれました。発言した人の方を向いて答える委員長。どの姿にも、一人ひとりを大切にする思いが伝わってきました。その後の全体の話し合い(議題:自分から行動するにはどうしたらいいか。①話し合い ②あいさつ について)では活発に発言があり、1年生も何回か発言しました。「~さんと同じで」と、似た内容でも自分の言葉で発言する2年生もあり、全校でよりよい方向をめざして話し合うことができました。

今日の6時間目には引き継ぎがあり、いよいよ5年生中心の活動が始まります。6年生がいる間に、たくさんのことを吸収したい5年生です。

無題1                        こういうこと?           6年生の皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

いろいろな考えにふれ、深める合同授業をめざして

3時間目に、1・2年生合同の道徳授業を行いました。「オタマジャクシのうんどうかい」を読んで、しっぽが短くて、友だちからすごく遅れてゴールしたタマちゃんのために、応援だけじゃなくなにかできることがないかを考え合いました。1・2年生はそれぞれ5名の学級です。学年は違っても、年齢の近い2つの学年が一緒になって10名で考えることで、それぞれの学年だけでは出てこない考えに触れられることを期待していました。グループ(1・2年混合)での追究の中で、学習カードに書いてなかったこともどんどん出されました。子どもたちは、わからないことを質問したり、「それは出来ないんじゃない?」と自分の考えを言ったり、徐々に盛り上がっていきました。授業の終わりには、「次の時間もこの続きをやりたい」という声も聞かれました。

無題1                                                  グループで話し合う

無題2           グループごとに考えたことを読み合う       黒板にまとめられた学習過程

ページの先頭にもどる

児童会引き継ぎに向けて

2月9日(火)の欠席ゼロ以降インフルエンザが猛威をふるい、学校の中が寂しくなっていましたが、今日、久しぶりに全員が元気に登校しました。2時間目が終わって少し休んだ後、ランチルームで来年度の児童会長候補者による立ち会い演説会と投票が行われました。5年生二人の候補者の、こんな学校にしたい、こんな児童会にしたい、地域の方との関係も大切にしたいという思いや考えがよく伝わってきました。投票を終えて、「はじめは〇〇さんにしようと思ったけど、話を聞いたら〇〇さんの考えている方が面白そうだったから。」と、廊下で先生にこっそり話している低学年の人がいました。候補者の演説内容をきちんと聞いて判断してくれたんだなあと嬉しく思いました。

無題1      初めての投票(2年生)        願いをこめて、きんちょうの一票

ページの先頭にもどる

少しずつ元気回復

インフルエンザから回復して学校へ子どもたちが戻ってきていますが、昨日までは、本調子になれずに保健室で休む子もいました。今日は、休み時間に外で元気に遊ぶ子どもたちの声が久しぶりに聞こえました。職員室にいる先生たちを以前と同じように誘ってくれました。でも、油断は禁物です。うがい・手洗い・マスクなどを継続しながら予防に努めています。

そんな子どもたちが使い始めたタブレット。昨日、用務員さんが、保管し充電するための棚を作ってくださいました。早速、職員室の保管場所を決めて設置しました。残りわずかな3学期ですが、大いに授業に生かしてほしいと思います。用務員さんに感謝です。

無題1

 

ページの先頭にもどる

初めて見るシクラメンの種

今年度は「シクラメンのプロ」が職場におられるので、自己流の管理とは違い、今までになく花の勢いを感じていました。ある花が散った後、子房の部分が日に日に大きく膨らんできました。その表面の皮が裂けて、細かな茶色の粒が出てきました。初めて見るシクラメンの種です。自家受粉したことになります。これを適温管理して育てるとやがてシクラメンの花を咲かせることが出来るそうですが、素人では難しいようです。

無題1写真左は、めしべ(中央の長い針状の部分)とおしべ(めしべのまわりの短い部分)。写真右は、子房が膨らみ裂けて出てきた種です。

 

ページの先頭にもどる

やはり本調子でない子どもたち

今週に入って、一気にインフルエンザA型が猛威をふるい、本校の正常な教育活動がストップしています。出席停止期間が終わり、久しぶりに登校した子どもたちもいつもの元気がありません。授業中に廊下を歩いても、普段なら各教室から聞こえてくる元気な声が、今日はまだ聞こえてきません。廊下の掲示物も、早く全員がそろうのを静かに待っているように見えます。今後も学校医の先生のご指導をもとに、学校と家庭とが連携してインフルエンザの拡散防止に努めていきたいと思います。ご協力をお願いいたします。

無題1

ページの先頭にもどる

薬物乱用防止教室(5・6年生)

3・4時間目に、5・6年生を対象に「薬物乱用防止教室」が行われました。「お酒とたばこの害~なんでぼくらはいけないの?~」をテーマに、学校薬剤師の林先生からお話をお聞きしました。他人が医師から処方を受けた薬を余ったからと言ってもらって服用すると「薬物乱用」になることは驚きました。酒やたばこが許されるのは、どうして20歳からなのか。それは、20歳前は脳の成長が未熟であり、成長ホルモンの分泌が成されないなどからだの成長にも悪影響があるからだそうです。では、その後は飲んだり吸ったりするのか。たばこの害など今日の話をもとに将来判断するのは子どもたち自身です。興味本位で1回くらいだいじょうぶとはじめた覚醒剤が、中毒症状からやめられなくなり、からだをむしばむ恐ろしさも聞きました。やめられなくなる恐ろしさや苦しさに比べたら、1回目をしない我慢(自制)や断る勇気の方が楽であり、どんなに大切かわかります。子どもたちにも響きました。

無題1

ページの先頭にもどる

自分たちも楽しむ「来入児体験入学」

朝の全校体育、今日も「からだつくりの運動」です。ただ、前回と違うのは、なんとなく1・2年生が今日の「来入児体験入学」を楽しみにしているようなテンションを感じました。他学年の人たちと一緒に運動するのがとても楽しそうでした。4時間目は、1・2年生とも保育園の人たちと遊ぶ準備をしました。1年生は国語の学習を生かした「お店やさんごっこ」の。2年生は、工夫いっぱいの「ゲームセンター」の。保育園の人たちに喜んでもらうだけでなく、1年生も2年生も、自分たちも一緒に楽しめたのがよかったと思います。その間、ランチルームでは、保護者会が行われ、歯科校医の堀田先生から「口は生命の源」の熱のこもったお話をお聞きしたり、学校からのお願いをしたり入学に向けた準備が進められました。

無題5  全校体育。「うーん、動かないよー!」     来入児保護者会、堀田先生のお話

無題1   1年生と遊んだ後「はい、チーズ!」     2年生のゲームセンター ボウリング

無題2    こんこんはじいて、エアホッケー       入るかな、よいしょっ、輪投げ

無題3 しっかりつかんで、ユーフォーキャッチャー     よくぞ考えた、もぐらたたき

無題4

 投げてけって、まとあて         思い切り押して、空気砲

ページの先頭にもどる

待ちに待ったタブレットがやってきた!!

本校で取り組んでいる協働学習に必要なタブレット。昨年のPTA総会で、わらびの収益金で買うことが承認されていました。ようやくお目当ての新製品が発売され、このほど7台が届いて先週末に設定が終わり、今日から使用が始まりました。1時間目に6年生の社会科、2時間目に4年生が算数の授業で使いました。子どもたちも待ちに待ったタブレットです。「前に使っていたものよりもタッチペンの感度がいい。」「タッチペンが書きやすい。」「電子黒板に映る文字も鮮明でいい。」など、嬉しそうに話してくれました。電子黒板に映る自分の考え方と友だちの考え方を比べてみたり、質問し合ったり、説明し合ったり、協働によって自分の考えをより確かなものにしていく姿が見られました。教師主導ではなく、子どもが主体となる協働学習のよさを子どもたち自身が感じられるよう、学習の道筋を教師と子どもとが一緒になって考え実践していこうと思います。

無題1

ページの先頭にもどる

「わんぱく」の時間

本校では、めざす児童の姿の一つとして、「身も心も汗まみれ泥まみれになれる子ども【体】」があります。その具現のために休み時間も30分あって、校庭・川・体育館などで汗だくになって遊びます。毎週金曜日の休み時間は「わんぱく」と称して、全校で遊びます。今日は、先生たちも誘われて「ポコペン」をしました。私たちが子どもの頃にやった「缶けり」です。今は缶ではなくペットボトルですが。鬼は先生たち。今日のルールは、「15人捕まえたら先生たちの勝ち!!」大人げなく本気の先生たち。次々に子どもたちは見つけられていきます。あとひとりで15人になったとき、Aさんが先生たちの目をかいくぐって見事にペットボトルを蹴り出しました。つかまっていた子どもたちもみんな大喜び、大歓声でした。

無題1       「始めるぞー!!」            「ポコペン」阻止!!

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->