校章

飯田市立千栄小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2223 飯田市千栄1530-1 TEL 0265-59-2020 FAX 0265-59-2179

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2016 年 7 月 のアーカイブ

一学期が終わりました。

今日で75日間の一学期が無事終わりました。毎日見守ってくださったおうちの皆さん、地域の皆様に感謝申し上げます。手にいっぱいの荷物を抱えて帰って行く子どもたち。一学期終業式では、一学期頑張ったことや夏休みに楽しみなことなどがたくさん出されました。夏休みも事故やけががなく元気に過ごしてほしい思います。充実した楽しい休みになりますようご家庭のご協力をお願いします。                                                  ホームページをご覧の皆様、いつもありがとうございます。しばらく配信を休ませていただきます。夏休み明けの8月19日から再開しますのでよろしくお願いいたします。

無題1

ページの先頭にもどる

5年生、炭の窯出し

5年生が初めて挑戦した炭焼き。今日、窯出しをしました。用務員の橋爪さんや歴代の用務員さん(林さん・清水さん)にも教えていただきました。窯を数ヶ月使っていなかったので、どのくらい炭ができているか一番心配してくださっていたのは橋爪さんでした。「すごい、炭ができてる!」と5年生の歓声。大成功です。窯から出した炭に扇風機で風をあてて灰をとり、20~30㎝の長さに切って定量ずつ量って袋詰めします。すでに予約がありますが、残りは学校の無人販売に置きます。黙々と働く5年生、さすがでした。

無題1                 窯から炭を出します。

無題2         風を当てて灰をとり、適当な長さに切って袋に詰めます。

ページの先頭にもどる

全校の願いがとどきますように  全校で俳句づくり

昨日の放課後、1年生が全校に呼びかけて作った七夕飾りの活動を終えました。子どもたちの話し合いで、「みんなの願いごとが天に届くように、どんど焼きのように焼きたい」ということになりました。先週のうちに消防署の許可をとり、昨日、校庭の中央で焼きました。「全校の人の願いごとが天にとどいて叶うようにお祈りしよう」と言いながら、みんなで手を合わせていました(写真左)。                                            今朝は、全校で話し合いドリルの時間。縦割り班に分かれて話し合いながら俳句をつくる活動の2日目。1日目に学んだ俳句の季語を考えて、俳句を完成させる活動をしました。「〇〇〇〇〇 おねえちゃんは こわいです」どんな季語が入るでしょう。また、それでどんな様子を表すのでしょう。班には分かれていますが、1年生から6年生まで、全員が一人ひとり考えました。班の人のつぶやきを拾って別の言葉を思いつく人もいました(写真右)。1年生も言葉を考えながら、「季語」の意味がわかってきました。次は班の中で発表し合い、意味を理解し合ってよりよい俳句を考えていきます。

無題1

ページの先頭にもどる

子どもたちへの願いを込めて、「千栄こども夏祭り」大盛況に終わる

16日(土)に本校の体育館をメイン会場に「千栄こども夏祭り」が開催されました。地元4区の区長さんが年度ごとに交代で実行委員長を務められ、地域の各団体が実行委員会に組織されて「食べ物・飲み物・各種ゲームコーナー」を受け持ちます。「地域の子どもは地域で育てる」ことを念頭に、子どもたちの健やかな成長を願って毎年この時期に行われています。今年度で12回目です。今年度も牧野光朗飯田市長さんが来賓として駆けつけてくださいました。6年生の寸劇型の「開会宣言」から雰囲気は絶好調。韓国からの大学生もスマホのカメラを向けながら喜んでくれていました。千栄分園の子どもたちの神輿練り歩きに続いて、小学生も一緒に盆踊り。1・2年生の和太鼓演奏。不動太鼓の勇壮な響きを聞いた後、外に出て、いろいろなコーナーを思い思いに楽しみました。7時15分からは待ちに待った煙火の打ち上げ。毎年恒例のこととは言え、一人ひとりの子どもの願いがアナウンスされて一発ずつ打ち上げられる様子は、心うたれるものがあります。先生たちや放送委員会の児童が交代でアナウンスしてくれました。小学生も地域の方に頼るばかりではなく、一緒に参加させてもらっています。                             登校時には何もなかった中庭に、昼前の下校の時には、各コーナーの飾りができていて、「うわー!」と嬉しそうに歓声をあげた1年生の姿が印象的でした。実行委員長の米峰区長(竹下雅一)さんをはじめ、お世話になった地域の皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

無題3             御神輿わっしょい! 大人もわっしょい!

無題1   6年生とY先生の「開会宣言!?」       小学生も、園児を盛り上げ盆踊り

無題2   かっこよく、和太鼓演奏1・2年生          盛会の各種コーナー

 

ページの先頭にもどる

子どもたちのたくましさ  人形の動きに心がこもる

昨日の5・6時間目は、全校で「かわらんべ」に出かけました。今年1回目のクラブです。川へ入って水の中の生き物をとりました。3つの縦割り班に分かれて、1時間ほど夢中になってとりました。その後、班ごとにたらいや水槽に分けて入れ、生き物を大きく仲間分けしました。「かわらんべ」の中村先生からそれぞれの名前を教えていただきました。アメリカザリガニ・カワヨシノボリ・カワムツ・メダカなどです。アメリカザリガニのような外来種がなぜ日本に持ち込まれたのかもお話でわかりました。どの班も、時間の割にたくさん(数・種類)とることができ、中村先生にそのたくましさを褒めていただきました。                                     今日は、3・4年生が「わらび座」の永草さんと一緒に人形劇を学びました。前回は人形を作りましたが、今日から台詞と動きの練習です。だんだん人形に心や魂が入っていくように見えました。練習がすすむごとに、演じる子どもたちも気持ちがのってきていました。次に永草さんに来ていただくのは10月。それまでに腕を磨きたいものです。

無題1

ページの先頭にもどる

初めての感覚、シクラメンに魅せられて

昨年末に購入したシクラメンの二鉢(A・B)。A鉢は、一旦花が全部枯れた後、数日後に中央から花芽がつき始め、再び花が咲き始めました(左上写真)。B鉢は花が全部枯れ、葉も枯れてしまうかと思っていると、中心部分から新しい葉が出てきました(右下写真)。今週になって、A鉢の葉の色が薄くなったり黄色っぽくなったりしてきました。病気が心配になり、さらに根がはれるように花を摘んで大きな鉢に植え替えました。二鉢とも植え替えました(右上写真)。A鉢のシクラメンは、すでに中央に花芽が出てきているので(左下写真)、病気でなければ、また、花を咲かせそうです。それがシクラメンにとっていいのかどうかわかりませんが。シクラメン栽培に詳しいK先生のおかげで、例年ならばずっと以前に絶えさせてしまっただろうシクラメンを、これからも楽しめそうです。今まで知らなかった魅力を感じるこの頃です。

無題1    再び花を咲かせたシクラメンA       植え替えを終えたシクラメンA・B

無題2    中央に花芽が出てきたシクラメンA     中心から新しい葉が出てきたシクラメンB

ページの先頭にもどる

楽しく3校交流会

今日は、2年生の3校(千栄小学校・上久堅小学校・千代小学校)交流会がありました。2時間目に本校に集合して始まりました。最初に全員で「ビリーブ」を歌った後に、音楽会で演奏した曲をお互いに発表しました。3校ともに、音楽会では1年生と一緒の演奏だったので、2年生だけの演奏に組み直すのが大変でした。どの演奏も、一人ひとりが大きな口をあけて歌ったり、リズムやテンポにのった合奏をしたり、まとまりのある素晴らしい発表でした。                                休み時間後の3時間目は、体育館に移動してゲームを楽しみました。「とんぼがり(おにごっこ)」は、まず先生が鬼になって、とんぼ役の子どもたちを両腕を広げた網で捕まえます。捕まえられた人は、帽子を赤にして鬼になります。フラフープの安全地帯は、逃げ込んで5秒間は入っていることができますが、それ以上入っているとアウトです。最後まで逃げられた人の勝ちです。                                                帰るときにはもう、「〇〇さん、バイバイ」と、名前を呼んで声をかけていました。

無題1

ページの先頭にもどる

ふれあい参観日

今日はふれあい参観日。2時間目に、各学年の協働的な学習を取り入れた授業を公開しました。3年生以上は、ICT機器も活用した授業でした。少人数の学級では、なかなか多くの考え方にふれることができず、せめて全員が発言しないと互いの理解を深めたり、新しい考え方に気づいたりするこができません。                                    1年生は、友だちの宝物の説明をどのようにすれば相手にわかりやすく伝えられるかをみんなで考えていました。6年生は、タブレットに「自由とはなにか」の問いについて自分の考えを書き、電子黒板に飛ばされた互いの考えを質問したり説明したりしながら、まず理解し合いました。その後資料「うばわれた自由」を読んで話し合い、「本当の自由」(「自由」と「自分勝手」の違いや、「自由」と「楽ができる」との違い)について考えました。その中で、「自由だからこそ、気をつけなければいけないことがある」という新たな気づきが出てきました。                           休み時間の後、3時間目には、児童会(6年生)が中心になって交流会をしました。縦割りの3グループに分かれて「関所破り(王様じゃんけん)」「ハイ&ロー」「スリッパ飛ばし」の3つのゲームでポイントを競いました。交流会が終わって、体育館入口でお見送りをしていると、ひとりの方が「今日は、とっても楽しかったです。ありがとうございました。」と声をかけてくださいました。こちらこそ、ありがとうございました。これからも、子どもたちの成長を見守ってください。

無題1   1年国語「たからものをおしえよう」       6年道徳「本当の自由とは」

無題2      関所破り(王様じゃんけん)           スリッパ飛ばし

ページの先頭にもどる

千代ネギへの思い受け継ぐ   根付いてひと安心の四季桜

6年生から「千代ネギ」を受け継いだ5年生。今日は、太田いく子さんにも来ていただき、草取りと追肥・土寄せの作業をしました。土日の雨と一転した快晴高温の天気に、草も一気にのびた感じです。夏休みに向けて、雑草対策をどうするか、みんなで考えなければなりません。畑の上の土手には、昨年の3月に下村の皆さんが植樹した四季桜が、春に花を咲かせたあと葉を茂らせて、しっかり根付いた様子を見せてくれています。これで1回、秋を前に今の葉が散るのでしょうか。秋に咲くのが楽しみです。

無題1

ページの先頭にもどる

みんなうっとり、人形劇   漢字検定に挑戦

10時から「ほんわかシアター」のお二人による人形劇がありました。パネルシアター「パチパチポン」、〇△□あそび「ねえねえなあに、これなあに?」、人形劇「きつねのおきゃくさま」の3作です。保育園の人たちもみんな来て、小学生と一緒に観劇しました。幼稚園から6年生まで全員が、集中してよく見ていました。問いかけなどにも反応しながら楽しく参加していました。毎週水曜日の読み聞かせを楽しみにする本校の子どもたちにとって、人形劇はさらにお気に入りで、毎年楽しみにしています。今日も大満足でした。                    6時間目には、一転して「漢字検定」がありました。13人が挑戦しました。対外的なスポーツ大会は、参加学年に制限があって低学年の出られるものはあまりありませんが、漢字検定には低学年の参加もでき、小さいときから目標をもって挑戦する勇気に拍手を贈りたいと思います。結果を楽しみにしています。

無題1

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->