校章

飯田市立千栄小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2223 飯田市千栄1530-1 TEL 0265-59-2020 FAX 0265-59-2179

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2016 年 12 月 のアーカイブ

2学期が無事おわりました!

今日の3時間目は2学期の終業式。86日間の長い2学期が無事終わりました。5時間目の6年生の教室では、個別懇談会以降の単元の成績がつけられた通知票が、改めて子どもたちに手渡されました。一人一人の成長について、担任からひと言ずつ添えられると、ちょっぴり照れくさそうに笑顔で会釈をしていました(写真左)。6年生は、児童会活動などの中心となって活躍してきただけに、相手の気持ちになって考えることが出来るようになっており、この2学期は心の成長を感じました。                                               つづいて、1月19日の百人一首大会に向けて、クラスの中でペアになって練習をしていました。最高学年として、下剋上を許すわけにはいかないという熱気を感じました(写真右)。1年生がどんどん暗誦しているので、他の学年も頑張らざるを得ない状況です。

%e7%84%a1%e9%a1%8c1

保護者の皆様、地域の皆様、千栄小学校の教育活動をご支援いただきましてありがとうございました。長い2学期をなんとか無事乗り切ることが出来ました。感謝申し上げます。それでは、ホームページをご覧の皆様とともに、よい年をお迎えください。新年は、1月10日(火)より配信いたします。

 

ページの先頭にもどる

様々な考えを知る楽しさ  お正月飾りに感謝を込めて

22日(木)の3時間目、中日新聞の記者さんが来校し、5年生の社会科のタブレットを活用した授業を取材とともに体験されました。情報についての学習の導入場面。アンケート形式で答えながら考える授業でした。例えば、「『情報』という言葉を知っていますか。」の問いに「はい」か「いいえ」で答えます。また、「新しいことを知るのに何を使いますか。」を「インターネット・本・新聞・テレビ」の中から一つ選択します。「無人島に行くとしたら何を持って行きますか。」を「インターネット・本・新聞・テレビ・ラジオ」の中から一つ選択します。いずれの場合も、タブレット端末で答えた割合が電子黒板上に円グラフで表示されます。そのあと、ひとりひとりから理由を聞くと「なるほど」というものがあり、たとえ5人でも様々な考え方に触れて楽しくなりました(写真左)。こうした楽しさが「協働的な学び」の基本です。                                      今日は、太田さんご夫妻がお正月の注連飾りと門松の飾り付けに来てくださいました。立派な飾りになりました。今年の無事に感謝して、来年も無事であることを祈りたいと思います(写真右)。太田さん、ありがとうございました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c1

ページの先頭にもどる

個別学習で発展問題にチャレンジ

高学年を中心に、コンピューター室でインタラクティブ学習システムを使った個別学習に取り組んでいます。2学期のまとめの時期ということもあって、5年生が算数の発展問題にチャレンジしていました。何度か答えを求めてみますが、それでも間違っていると、正しい解き方を教えてくれるようになっています。今日は、考え方がよくわからないときは、先生にヒントをもらいながら解いていました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c1      先生からヒントをもらって          うーん、できるかも!

ページの先頭にもどる

「お話の部屋」で大笑い  3・4年生「しゃくなげの里」交流会

今朝は、先生たちによる「お話の部屋」(読み聞かせ)が行われました。1年生・3年生・5年生の教室で聞きたいお話の部屋に行きました。5年生の教室では、「たぬきのサイコロ」が読まれていました。読み手の先生が、手の動きを入れたり、噺家のような雰囲気を出して読むと、低学年の子どもも高学年の子どもも、思わず大笑い。随所で笑顔がこぼれていました(写真左)。                                        午後は、3・4年生が、「しゃくなげの里」のみなさんと交流をしました。毎年恒例の人形劇は、3回目の公演となる「どろぼうがっこう」。今日が最後の公演です。「夜の遠足」場面で、舞台を飛び出しておじいさん・おばあさんの列の中に入っていくと、「はれ、かわいいなあ」と、人形を触りながら喜んでくださっていました(写真右)。

%e7%84%a1%e9%a1%8c1

ページの先頭にもどる

冬の炭焼き準備

清掃後、用務員さんと5年生が炭窯への薪入れをしました。午前中に用務員さんと事務の先生が作業をしてくれました。外からの注文もあり、楽しみに待っていてくださる方がおられるのには驚かされます。そんな方々の期待にも応える炭焼きです。5年生が、一輪車で運んだ薪を手渡しで窯の中に丁寧に積んでいきます。お互いに場所を交代しながら、慣れた手つきで進めていました。明日、火入れをして、上手くいけば出来上がるのは一週間後でしょうか。

%e7%84%a1%e9%a1%8c1

ページの先頭にもどる

春花壇の苗定植

係の先生の教室や1階のベランダで、太陽の日差しを浴びて大きくなってきた春花壇の苗を定植する作業が始まりました。花壇のデザインは全校に募集して、担当委員会で決定しました。今日は5年生が作業に出てくれました。明日は、放課後の職員作業でも計画しています。

%e7%84%a1%e9%a1%8c1

ページの先頭にもどる

姉妹学年でなかよし給食

今日の給食は、1・6年、2・4年、3・5年の姉妹学年で仲良し給食。6年教室、校長室、5年教室がそれぞれ会場になりました。校長室では、普段あまり入ったことがない人が多く、ロケットのプラモデルや壁にかかった絵などを珍しそうに見ていました。2年生は、「去年も来たよ。その場所に座ったよ」と、思い出して話してくれました。今日の主食はソフトめん。いつもと違った雰囲気の中で、みんな残さず楽しく食べられました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c1       「いただきます!」        「あっ、あいうべ体操忘れてた!」

ページの先頭にもどる

読書旬間始まる   心に響いた人権講演会

今日から読書旬間が始まりました。休み時間に、「図書館に来てください」という放送が流れたので、わたしも行ってみました。入り口の正面奥に、数人の子どもたちが群がるコーナーがありました。「読書福袋」です。どんな本が入っているかわかりませんが、三つの色(低・中・高の連学年向きを表します)をヒントに袋を選びます。3年生のK君が青色の袋をあけると、プロ野球選手のエピソードを紹介する本が入っていました。「読むのが楽しみ」と話してくれました。図書館に来てもらったり、本に親しんでもらったりするためのアイデアがステキだと思いました。

続いて3時間目は、いじめを体験された秦 健二さんのお話をお聞きしました。こんな簡単な表現で申し訳ありませんが、子どもたちにとっても先生たちにとっても、本当に心に迫る、心に響くお話でした。「いじめや人を傷つけることは誰でもしてしまう。でも、そんな人間のままでいないために、そういう自分に気づき、相手の人に謝り、今度はその人を守れるようになる勇気をもつ。」「いじめは絶対に許さない。いじめられている人はもちろん、そいうい人を守ろうと立ち上がった人を、先生たち(大人)は必ず守る。」覚悟ができた60分間でした。

%e7%84%a1%e9%a1%8c1     読書福袋を選ぶ子どもたち         秦さんにお話の感想を話したい

ページの先頭にもどる

読書旬間「おすすめ本」

来週から始まる読書旬間に向けて、ひとりひとりの「おすすめ本」が、職員室前の掲示板で紹介されています。学年ごとに、本を手に持った写真です。子どもたちが、給食のあと歯磨きをしながら見ていました(写真左)。ふと廊下を見ると、図書館前に置かれたソファーに座って、1年生が本を読んでいました(写真右)。本校の児童は、一人平均年間に110冊ほどの本を読んでいます。公民館事業にも「おたんじょうび本プレゼント」があり、自分の誕生日月に自分が選んだ好きな本をプレゼントしてもらっています。当初は、全員にプレゼントした後の2年目以降は、毎年入学してくる1年生だけにプレゼントする予定でした。しかし、本が好きでもらって喜ぶ子どもたちの姿に、2年目の今年も全員にプレゼントしてくださいました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c1

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->