校章

飯田市立千栄小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2223 飯田市千栄1530-1 TEL 0265-59-2020 FAX 0265-59-2179

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2017 年 1 月 のアーカイブ

カマキリが孵化

5年生の教室には、カマキリの孵化を見守る水槽があります。登校中に見つけた卵を教室に置いてあったのですが、もう水分が抜けてしまってだめかと思いながら、水槽に土などを入れて湿った環境をつくったそうです。すると、教室内の温かさもあってか、先週から孵化が始まりたくさんのミニカマキリがうまれています。よく図鑑で見るような、卵から数珠つなぎになって出ているようなところは見られませんが、水槽のふたの編み目から出てしまうほど小さくて、気をつけないと床の上にもいて、踏みそうになってしまいます。

ページの先頭にもどる

千代幻豚と千代ネギのコラボ、「まぼろし丼」給食

今日の給食は、地元の伝統食材による「千代幻豚の肉丼」でした。千栄小学校は、5年生が栽培した「千代ネギ」とコラボした肉丼です。めったに食べられない丼ということで、名付けて「まぼろし丼」です。千代幻豚の肉の柔らかさと、千代ネギの甘さとがマッチして、とてもおいしくいただきました。インフルエンザ予防から、ランチルームで全校で食べることは出来ませんでしたが、多くの報道の方々に囲まれて、ちょっぴり緊張気味の5年生でした。食材を提供してくださった岡本養豚さん、千代ネギ栽培をご指導くださった皆さん、竜峡調理場の皆さんに心から感謝いたします。ありがとうございました。ふるさとの自慢がまた一つ、形になった気がします。

           千代幻豚と千代ネギのコラボ「まぼろし丼」給食

        インタビューを受けながらの給食で、ちょっぴり緊張した5年生

ページの先頭にもどる

ドリル学習支援アプリ、スケートを楽しむ

6年生が、12月にタブレット端末に入ったドリル学習支援のアプリを活用しています。算数の授業前に「計算」の問題をします。アットランダムに加減乗除のある簡単な計算を1分間で行います。終わると、左写真のように答えた問題数(赤色)と正答数(青色)がグラフで表されます。2本のグラフの間隔が狭いほど、正答率が高いことになります。毎回自己評価しながら進めています。脳を少し刺激したところで、算数の授業に入ります。                                         右写真は、1・2年生のスケート風景です。1年生もどんどん滑っていて驚きました。それだけでなく、先生に背中を押してもらってスピード感を楽しんでいます。順番待ちも大変ですが、押す先生も大変です。

ページの先頭にもどる

これも、千栄小冬の風物詩?

昨年まではあまり意識されませんでしたが、子どもたちも興味津々の現象が今、千栄小学校で見られています。左写真にある、玄関前の廊下に出来た虹です。これは、玄関ドアの横にある水槽がプリズムの働きをし、太陽光線を屈折・分散させて、廊下に虹色になって写しているものです。朝の8時前から8時15分頃まで見られ、それ以降は消えてしまいます。これは太陽の角度で決まる現象なので、水槽の位置や水の量がほぼ一定であれば、おそらく、見られる季節や時間が限られる現象です。これからしばらくその様子を楽しみたいと思います。

今朝は、全校音楽でリズム遊びをしました。「色」や「冬をあらわす言葉」などを手拍子とともにどんどん言っていきます。リズムの拍に乗れなかったり、言葉が出なかったり、あわててつかえてしまったり、難しさを体感しながらも楽しむことができました。

ページの先頭にもどる

下剋上なったか、百人一首大会

今日は、待ちに待った百人一首大会が行われました。冬休み前から意欲的に覚えてきた1年生。そのおかげで他の学年も頑張らざるを得ませんでした。低学年・高学年に分かれての3・4人グループでのリーグ戦のあと、各グループから勝率1位で上がってきた人たちによる決勝トーナメントが行われました。そして、決勝戦は、3年生と6年生による姉弟対決。9対8で6年生が勝ちました。1年生の中にも1枚差で負けた人もおり、「来年は、1位をとりたい」と本気で悔しがっていました。今年は、負けた人たちも負けた人同士でどんどん挑戦するようにしたので、友だちの応援ではなく、全員が常に対戦を楽しんでいました。中でも6年生は、ずっと後輩の挑戦を受けてくれていたので、勝って当然のプレッシャーの連続だったかも知れません。

      低学年予選リーグ戦           決勝戦は、姉弟対決!!

ページの先頭にもどる

千栄小、スケートシーズン到来

11日(水)のスキー教室が終わってから、校庭のスケートリンクにもようやく厚い氷がはり、体育や土・日開放のスケートが出来るようになりました。1年生にとっては初めてのスケート。他の学年にとっても、スキーよりも難しいようです。写真は、昨日の3・4年生の様子ですが、毎日複数の学年がスケートを楽しんでいます。

    こうやってひもをしばらないと        こわい、手をかしてー!

ページの先頭にもどる

スキー教室に行ってきました。

冬休みの終わりに降った雪と好天に恵まれて、楽しいスキー教室ができました。1年生は、みんな初めてのスキー。しかし、一輪車で見せたバランス感覚と運動神経、そして、ど根性でどんどん上達しました。「あっ、こつがわかった!」と言いながら転び、また転び、それでもすぐに立ち上がってどんどん練習しました。「のどがかわいた!」とインストラクターの方に休憩を求める姿も一生懸命練習した証です。高学年の希望者は、スノーボードに挑戦しました。初めての人から3年目の人まで、それぞれに思いがありました。「家族と来たときも、これからはスノーボードもやりたいと思った」「去年までのことを思い出すまでに時間がかかったけど、午後には慣れて上達できたと思う」と、閉校式での感想発表がありました。冬休み中には使えなかった校庭のスケート場も、これからようやく使えるようになりそうです。スキー教室が終わって、本校のスケートシーズン到来です。

%e7%84%a1%e9%a1%8c1      転んで転んでこつつかむ          休憩ー、水筒へまっしぐら!

%e7%84%a1%e9%a1%8c2      おう-、うまい、うまい!         やっぱりあまくなかった

%e7%84%a1%e9%a1%8c3    おいしいカレーでパワーも満タン          午後もがんばるぞー!

%e7%84%a1%e9%a1%8c4     リフトの降り方をイメージして        何回転んでも、楽しいー!!

ページの先頭にもどる

あけまして、おめでとうございます。48日間の三学期が始まりました。

朝そうじのあと、全員そろって3学期の始業式を行いました。最初に6年生が、自分の気に入った「四文字熟語」を使って新年の決意を発表してくれました。卒業や中学校生活への意欲と心構えが伝わってきました。そのあと、3学期に頑張ることや休み中の楽しかったことについて、1年生から6年生までの自主的な発言を全校で聞き合いました。48日間という短い期間ですが、それぞれの目標達成と、千栄小のよさをさらに伸ばすためにひとりひとりが取り組み、卒業・進級に向けた心の準備をしていってほしいと思います。

%e7%84%a1%e9%a1%8c1

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->