校章

飯田市立千栄小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2223 飯田市千栄1530-1 TEL 0265-59-2020 FAX 0265-59-2179

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2017 年 2 月 のアーカイブ

来年度の活動につながる全校参加の児童総会

3時間目に児童総会がありました。めりはりのある運営に感心しました。今年度の活動についての報告と反省を各委員長が発表した後、「質問・意見」の時間がとられましたが、事前に議案書に対する質問や意見が各学年から出され、それについての回答が配布されていたので、一つも出されませんでした。そして、全校での話し合いになりました。テーマは、「キッズ・ワールド、フットサル大会について」です。全校で内容を決めて遊んだり、縦割りグループでフットサルを楽しんだりする活動について、反省点や改善点を話し合いました。全学年の子どもたちから発言があり、しかも、1年生からもこうすると楽しくなるという具体的な案が出されました。来年度の児童会長さんにとっても、「楽しく過ごせる学校」をテーマに公約を出しているので、今日の話し合いがとても参考になったと思います。6年生から、来年度に向けたプレゼントをもらったような気がします。イベントではなく、子どもたちにとって必要感のあるすばらしい児童総会でした。

      全校で参加した児童総会         発言を会長さんがまとめてくれます

ページの先頭にもどる

変わるドリル風景~自分を見返し自覚し、わかる楽しさを味わう~

本校では、児童が主体的にかかわり合い、深め合う協働的な学習を授業改善の柱として取り組んでいます。その中で、学習内容の定着や思考力をさらに高めるための個別学習も大切に考えています。「読書・ドリル」の帯時間もありますが、今週は「ドリル週間」として、各学年の課題に応じて様々な取り組みをしています。

6年生は、問題の意味やポイントを図示してつかみ、筋道を立てて解く。自分の考えや途中経過を発表し、自分のわからないところを友だちに聞く。もう一度自分の考えをまとめ、説明できるようにする。「そうだんタイム」を取り入れた協働型のドリル学習です。自分はもちろん、みんなでできたときの「スッキリ感」はなんとも言えません。

4年生は、パソコンルームで、NHKの「フォー・スクール」から、4年生の教科を選んでクイズ形式の問題に取り組んでいます。今日はまだ、ゲーム感覚で楽しんでいる段階ですが、このあと本校に導入されるアプリとも合わせて、どのように活用できるのか、今年度から来年度を見据えて考えていきたいと思います。一つできると次への意欲がどんどん湧いてきます。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

光陰矢のごとし、「卒業式の歌」練習はじまる

一年が経つのは早いものです。もう、「卒業式の歌」の練習をするときになってしまいました。今日は、1・2年生、3・4・5年生、6年生に分かれてのパート練習でした。それぞれの学年の思いが卒業生や在校生に届くように、言葉や音程を確かめながら熱心に練習していました。音楽室で練習していた5年生。3・4年生が教室へ戻った後も、ガラスに映る自分の口の大きさを見ながら、しっかり声を出す練習をしていました。今までの全校音楽とはひと味違い、6年生を引き継ぐ気持ちの高まりを感じました。

      出だしの音をそろえて!           しっかり口があいてる?

ページの先頭にもどる

「たぬきの糸車」体験  緊張感漂った立ち会い演説会

昨日の3時間目、3年生が1年生を招待して「糸車」を体験しました。社会科で昔の道具を学んでいる3年生と、国語科で「たぬきの糸車」を学んだ1年生とのコラボです。まず、1年生が3年生のために「たぬきの糸車」を音読してくれました。お話を思い出したところで、3年生の担任T先生が、糸車の動かし方や糸の紬方を実演しながら教えてくれました。「昔は蚕の糸(絹)は貴重だったから、綿花の綿を使って糸を作ったと思うよ」というお話があり、糸を紡ぐ前に、綿花の綿の中から種を取り除いて、できるだけ薄くのばす体験もしました。糸車を一人ずつ交代で動かしてみましたが、「結構(回すのが)重い」「『キーカラカラ、キークルクル』っていう音がしない」などと、興ずる姿が見られました。

    「たぬきの糸車」朗読(1年生)          「糸車」の回し方

      「卓上機織り機」も登場         校長室の綿花にも種があります

今日は、来年度児童会長候補者の立ち会い演説会がありました。本校では全校が投票します。演説する候補者はもちろん、聞いている1年生も緊張しているようでした。どの候補者も、児童会長になってやりたいことがはっきりしていて、堂々とした発表でした。

     楽しい学校にしてほしいな            5年生に託す!!

ページの先頭にもどる

いろいろな運動を楽しむ

今朝の全校体育は、係の先生がつくってくれたコーナーをまわって、いろいろな運動を楽しみました。普段の生活の中で、腕だけで体重を支える動きはないので、「逆さ歩きが一番大変」と、6年生もたじたじでした。

                  またいだり、くぐったり                   的あて

                           逆さ歩き                     跳び箱のぼり

                       キャタピラゴー!                             全校で片付け

ページの先頭にもどる

粘り強く思考する協働的な学び(アクティブラーニング)へ

これまでの一斉型(講義型)の授業から脱却し、「子どもが主体となり、課題解決に向けて協働(対話)しながら、互いを深め合う学び」の構築。このアクティブラーニングを実現するためのICT機器の有効活用について、本校では4年間取り組んできました。今日は、そんな授業の様子を飯田市議会社会文教委員会のみなさんと、飯田市教育委員会のみなさんに参観いただきました。                                                         6年生は、算数のまとめの発展問題として、「三平方の定理」にかかわる学習をしました。タブレットに自分の考えを書きながら、直角三角形の周りに出来た三つの正方形の面積を求めます。困ったのが、直角三角形の斜辺にできた正三角形の面積。戸惑いを隠せない子どもたち。一度集まり協働して考えたあと席に戻ると、正方形の中や外に補助線を引きながら追究が始まりました。やがて、二つの考え方が出てきました。答えを出せなかった子どもも「あっ、そうかあ。そう考えればいいんだ」と、自分の思考の過程を振り返りながら理解しているようでした。                                                  5年生と1年生も授業を公開しました。5年生は、デジタル教科書を使って、「わらぐつの中の神様」のおみつさんの気持ちを叙述の根拠をもって考えました。1年生は、「たぬきの糸車」について、「はず」の言葉に注目して、その場の状況や意味を協働して想像しました。振返り場面では、意見が言えてよかったと嬉しそうに話していました。

               二つの考え方発見!(6年生)

     友だちの説明を聞く(6年生)        自分の考えを書く(5年生)

     友だちの考えを聞く(5年生)        授業を振り返る(1年生)

ページの先頭にもどる

ひとりひとりが思考し、友だちからも学ぶ

6年生のタブレット端末を使っての算数。生活の中にもある量と単位を考える問題。「最大積載量350㎏の軽トラックに、20L入りのポリタンクを最大何個積めるか」の問題。1㎏=1Lをもとに、350÷20=17.5とし、答えを「17.5㎏」と答えたYさん。タブレットでほかの友だちの考えを見て気づきます。「17.5㎏」じゃなくて「17.5個」だ。さらに、「17個」と答えたSさんに気づいて疑問に思います。そして、Sさんの説明を聞きました。「17.5個は、水が入っているポリタンクだから0.5個を半分には切れないから、答えは17個になると思います。」Yさんは「ああ、そうかあ」と納得しました。

ページの先頭にもどる

伝えるひと工夫、学習発表会

今日の午後、一年間の学習のまとめとなる学習発表会がありました。伝えたいことが伝わるように発表をする。どの学年もそんな思いで臨みました。実際にできるようになったことを見せてくれたり、自分たちが学習してわかったことをクイズ形式にしたり、自分の力でプレゼンをつくったり、自分の成長を振り返っておうちの人と感謝のメッセージを交換したり、地域の方と一緒に学んだことを寸劇も入れてまとめたり、満州移民の様子を自分たちで課題をもって予想し、調べ、自分の言葉でまとめたり、どの学年も工夫がありました。また、ひとりひとりが聞いている人に大きな声ではっきりと、一生懸命発表してくれました。体育館の後ろまでよく聞こえました。発表を終えてほっとした表情の子どもたちから、安堵の気持ちと成就感が伝わってきました。学習発表会の目標達成です。

   「千栄せんたい スーパー1年生」        満州移民から学ぶ(6年生)

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->